売れるサイト・買うべきサイト

売れるサイトには特徴がある

サイトM&A仲介サービスに「売却希望サイト」として登録している案件の中には、売れるサイト(売れやすいサイト)と売れにくいサイトがあります。売れるサイトの特徴としては高い売り上げが安定的に発生するだけでなく、毎月の運用コストが低く済むサイトが高く評価されます。なお、購入したあとに頻繁な更新が必要なサイトについては収益性が高くても敬遠されがちなところがあります。一方、例えば各ページの更新が基本的に必要ない専門用語集系のサイトは、買ったあとに基本的に放置していても広告収入が入ってくるため売れます。また、競合の多いジャンルでは更新しないでいると順位が下がっていく恐れがありますが、少なければ検索順位が年々下がるリスクも少ないため売れやすい傾向です。

購入すべきサイトとは?

続いて購入すべきサイトに関しては、時代の流れが関係してきます。今は市場規模が小さい分野であっても、様々な分析から今後の急激な伸びが期待できる場合には早期からサイト経営に取り組むと先行者利益を得やすいため買うべきです。また、サーチエンジン順位の上位を獲得するのが年々難しくなる中、付加価値の高いページは内容の薄いページが順位を落とすのとは対照的に順位が上昇しています。サーチエンジンが被リンク数よりも滞在時間の長さを高く評価するようになってきている今、各ページの内容が濃くて正確性も高いページも買うべきといえます。その他、サイトを購入するとドメインを引き継げるため、10年・15年前に取得したドメインのサイトが安く売られている場合も購入を検討してみる事をおすすめします。

© Copyright M&A Suffering. All Rights Reserved.